140514_to_007

今年もツブヤ大学は、おかげさまで毎月行うことが出来た。

これも本当に関わってくれる皆さんのおかげだと思う。

五年にわたって続けているツブヤ大学のここ数年の一番大きな出来事は、

ネット配信よりもリアルイベントが格段に増えていること。

ほぼ月1回はリアルイベントが開けるぐらいになってきた。

DSC02275

その一方でネット配信も地道に続けていて、横浜ウォーカーゼミは月1回の配信がすでに40回を越えるようになった。

コラボをする機会も今年はグッと増えてきた。

最近ではDMM.comの運営するDMMニュースとコラボも行っている。

もちろん共催イベントも一度切りではなく、いろいろと準備中。

fb1027

結局この一年間では、約40回の企画をする機会があった。

今年はチャレンジするような企画も多かったと思う。

もう少し作りこむ必要があると思った企画がある一方で、ある程度の成果も出せたんじゃないかと思っている。

一見「えっ、何?」と思わせつつも、中身の濃い企画をどれだけ出せるかも。意外と大事なことなんじゃないかと思う中で、「落語X」や「ネコの大学」はなかなか興味深い企画だったんじゃないかと思う。

140430_to_091

「落語X」では、そこから関智一さんが立川志ら乃師匠に弟子入りするなんてことも起きた。

「ネコの大学」もなかなか揃い踏みしない組み合わせで、中身の濃いトークだったと思う。ネコ耳付けることになるとは僕も思わなかったけど。

140221_to_013

今年のツブヤ大学で一番の軸になったのは、アイドルビジネスの企画だった。元々はアイドルビジネスを考えるイベントってあんまりないよね。というところがきっかけだったりしたんだけど、意外と何度も企画出来るものになった。もちろんそれは濱野智史さんがまさかのアイドルプロデュースを始めることが更なるきっかけだったりもするんだけど。

140514_to_009

PIPは2回目のアイドルビジネスイベントの際に、真っ先にコンセプトがツブヤ大学で発表された。それからオリジナル曲を考えるイベントをやったり、京都支部お披露目を今年の同志社裏EVEでやったりもした。

pip_kyoto

ただ単にビジネスの話だけではなく、理系の話題でもイケることが分かったりと何だか面白い発見が多いキーワードが、僕個人としてはアイドルビジネスだった。

そして、ずっとずっと自分の中でどうすれば一番上手くいくのかと、常に試行錯誤を繰り返していた横浜で少しずつ結果が出せるようになったのが一番大きいことかなって思っている。

過去ずっと横浜でちゃんとお金を取る形でヒトが来る方法を模索していたけど、一向に成果は上向かなかった。都内ではしっかりヒトは集まるようになったのに、どうして横浜は無理なんだろうか。値段なのか、内容なのかそれともそもそも無理なのか。いつも思考は堂々巡りを繰り返していた。

でも今年はチームを作ろうと思った。自分だけで限界があるんだから、しっかりと信頼出来るヒトたちと組めば、今までの応用も出来れば課題解決になるんじゃないか。その予感は見事に当たった。

何が良いチームなのかは、みんなそれぞれに定義はあるんだと思うけど、僕は伝えたことをしっかりと実施してくれるヒトと組めるチームが良きチームだと思うし、結果が伴ってきているから、そうなんだと今は思っている。

DSC07708

今の横浜でのチームはそれぞれに力量がありつつ、かつしっかりとそれぞれで動ける部分があるのが、本当に大きな要素だなって思う。

そこがしっかりしていれば、少しチャレンジングな企画をしても、しっかり結果が出るんじゃないかって気になるし、それが最後の「シウマイ忘年会」につながった。

「シウマイ忘年会」は正直とっても当日はバタバタしたけれど、来てくれた方は本当に満足してくれていたのがアンケートから分かったし、何よりもう数年の仲となっている崎陽軒の広報のお二人の知識量が素晴らしく、名だたる出演者の素朴な疑問に的確に答えを打ち返す様子が錦織とジョコビッチの試合か!並に素晴らしいラリーの応酬だったと思う。これが見たかったんだよなー。としみじみ感じるような光景がそこに広がっていた。

DSC03862

立ち上げたときは最低でも20名は必ず集客するという気持ちで始めた横浜での企画「五番街」。本当に「髪とアタシ」のミネくんや、デジハリの近藤くん とのチームは最高やなーと思う。隔月ぐらいでやっていた企画も2015年からは毎月やることになり、4月くらいまでは企画案も結構固まっている。

この「五番街」企画はもっと育てていくことで、あの横浜駅の近くのビルに行けば、面白いことやっているよね。ということが定着すればいいなって思うし、ビル内もそんな空気になればなって思う。

まだまだ足りないことも多いし、正直いつもイベント当日のスタッフも足りてないことも大いにあるけど、今までと同じように地道に2015年もやっていきます。

幸い、2015年も幸先よくなかなか中身の濃い企画から始まります。

これからも来てくれた方が満足してもらえるものを作ります。

2015年も期待していてください!

140430_to_001

 

 

 

 

ThanksPin on Pinterest0Tweet about this on Twitter0Share on TumblrShare on Facebook0Share on Google+0